嗚呼、俺たちの横浜DeNAベイスターズ

負けてもともと勝ったら最高!そんな横浜DeNAベイスターズを見届けるブログ

【阪神戦】九回に反撃するも力及ばず!ベイスターズカード負け越し!!

今年未勝利の岩崎が相手というのに痛い敗戦。九回に見せ場は作りましたが、ゴメスの2ランが痛かった。

なかなか勢いに乗れず、ズルズルと5位で落ち着くパターンになってきました。


先発モスコーソは試合を作るも一発に散る

先発は今年の阪神戦2戦2勝のモスコーソ。とは言っても、この2勝は戦線離脱する前の4月にあげていた勝利で、復帰後はなかなか本来の調子が取り戻せていませんでした。

ただ、この日のモスコーソは、全体的に見ていいデキだったと思います。ストレートも走っていたし、無駄にボールカウントを悪くするような感じではありませんでした。

二回に先制点を奪われたものの、どの打球も打ち取った当たりがヒットになるアンラッキーでしたし、その後の三〜五回も安定したピッチングをしていました。

唯一の失投をゴメスに打たれてしまい、3失点となりましたが、復調の兆しを見せてくれたモスコーソの次回登板に期待したいと思います。


梶谷がひとり気をはく3安打

阪神先発の岩崎に、ベイスターズ打線は完全に封じ込められていましたが、梶谷がひとり気をはき、3安打の猛打賞でした。

ただ、梶谷の前にランナーを貯めることができず、梶谷のバッティングを活かせません。そもそも、好調な乙坂を左ピッチャーだからという理由で外し、打率1割台の桑原を先発で使う意味がわかりません。

乙坂が全く左投手を打てないとか、桑原がめちゃくちゃ左投手に強いというのならわかりますが、そういったデータではなく、単純な左右病の起用というのが気に入らない。

そんな思考停止な采配なら、誰が監督をやっても変わらないってことですよ。そうではなく、できる限りの采配をしてもらいたいと切に願います。


ベイスターズ的まとめ

8月の逆襲には、大事な一週間でしたが、終わってみれば3勝3敗。なかなか波に乗れません。とりあえずどこかで大型連勝をしなければ、上位浮上は厳しいでしょう。

今週は巨人と広島のビジター6連戦。とにかく一つづつ勝つしかありません。

まだまだ諦めず、期待しましょう!

【阪神戦】高崎が試合を作れず!ベイスターズ連勝ストップ!!

天敵の藤浪にまたしても勝てず、先発の高崎が完全に誤算でした。

相手がリーグを代表するような好投手相手で、先発投手が試合を作れなければ勝てるはずもありません。


先発の高崎が期待に応えられず

先発は、前回の登板で力投を見せ、約3ヶ月ぶりの勝利をあげた高崎。その高崎が、チームの期待を裏切る形になってしまいました。

高崎は、初回からデキが良くありません。球はうわずり、逆球が多く、打ち取ったはずの打球がことごとくヒットになってしまいます。

不運といえばそれまでなんですが、球が走っていないので、打ち取りきれていないというのが正しいでしょう。初回から失点し、打線が逆転してくれたにもかかわらず、二回にも連打で失点し、試合を作ることができませんでした。

調子が悪くても試合を作った前日先発の砂田とは対照的な結果です。腕が振り切れず、投げっぷりの悪さが、そのまま結果に出たような形でした。


打線がまたも藤浪を攻略できず

阪神先発の藤浪も、決して調子が良いわけではありませんでした。四球で出したランナーを、筒香に返されて同点にされ、さらにロペスにセンターオーバーの逆転タイムリーを打たれるなど、これまでのベイスターズ戦で見ていた藤浪とは別人のようでした。

二回以降も、毎回のようにヒットや四球でランナーを出すなど、苦しいピッチングの藤浪に対して、あと1本が出ず、なかなか攻略することができません。

ベイスターズ打線が苦手意識を持っていたのか、はたまた藤浪が得意意識があったのかわかりませんが、これまでの対戦成績を反映するような試合展開でした。

ただ、毎回のように、やられっぱなしではCSは見えてきません。次こそはしっかりと攻略したいものです。


ベイスターズ的まとめ

収穫は、高橋尚が3イニングを無失点に抑えたことと、三上が2イニングを無失点に抑えたことでしょうか。

リリーフ陣がこんな状況ですから、三上の復帰は、多くのファンが待ち望んでいました。今後は、試合展開を見ながら、徐々に慣らしていき、八回を任せられる存在になってもらいたいものです。

さて、勝ち越しがかかった大事な3戦目は、モスコーソの先発です。前回の登板では期待を裏切る結果となりましたが、なんとか調子を取り戻してほしいものです。

期待しましょう!


【阪神戦】乙坂が値千金の逆転3ラン!最終回のピンチは山崎康が締めてベイスターズ連勝!!

前回の登板予定を胃腸炎で回避した砂田が、五回1失点と試合を作り、打ちあぐねていたメッセンジャーからは、乙坂が値千金となる逆転3ラン。

ベイスターズの若い力が、苦手タイガースを粉砕しました。


先発砂田が2勝目!

投球回は少ないながらも、毎試合確実に試合を作ってくれていた砂田が、嬉しい2勝目をあげました。

とは言っても、調子自体は全く良くなく、変化球は抜け、ストレートも抜け球が多く、毎回のようにランナーを背負う苦しいピッチングでした。

丁寧にいこうとしすぎてカウントを悪くし、フルカウントにするケースが多々あり、かなり不安定なピッチングが続きます。

しかし、6安打は打たれたものの、与えた四球は2つ。そして1失点と、最低限の仕事はしてくれました。

そもそも、久保や井納、山口に求められているのが、この調子は悪くても試合を作る能力です。そういった意味でも、カードの頭の投手として、責任を果たしたピッチングをしてくれました。


砂田に2勝目をプレゼントした乙坂の本塁打

五回、砂田が1点負けている状況で代打を出されていたので、ここで2点取らなければ砂田に勝ちをつけることができませんでした。

そこで値千金の逆転3ランを放ったのが、我らが乙坂です。相手のメッセンジャーは、乙坂相手には少々投げづらそうでしたね。

ただ、乙坂の本塁打はもちろん値千金だったのですが、その前の松本の四球が大きなポイントになりました。

先頭の宮崎がこの試合初ヒットとなる2ベースを打ち、反撃モードも束の間、後続が簡単に2アウトを取られます。ここであっさり終わらず、代打の松本が四球を選んだことが、メッセンジャーのリズムを狂わせました。

続く乙坂にもボール先行となり、スリーボールになるのを嫌がり、甘く入った球を乙坂にとらえられます。あそこであっさり松本が打ち取られていたら、あの逆転劇はありませんでした。

そして若手といえばもう一人、ムシキング山下もタイムリーを打ち、貴重な追加点をあげました。しかも打ったのが左の加藤というところが、とてもいいアピールとなりました。

外野だけでなく、内野手でも激しいポジション争いが繰り広げられています。


ベイスターズ的まとめ

シーズンを終わらせないために、この日の勝利は非常に大きな1勝となりました。カードの頭を取れたのは本当に大きいですね。

なんとしてでも、カード勝ち越しをしてもらいたいところ。

期待しましょう。

【二軍戦】真夏のデーゲーム!横浜スタジアムで二軍の試合を観戦してきた!!

f:id:koya_taka:20150807172743j:image
炎天下の横浜スタジアムで行われたイースタンリーグ 西武ライオンズ戦を観戦してきました。

いや、本当に暑かった!風もない横浜スタジアムは本当に地獄でした。

そんな真夏のデーゲームの観戦記です。


炎天下のデーゲームは地獄の暑さ

f:id:koya_taka:20150807180725j:image
平日のデーゲームにもかかわらず、お子さんが夏休み中ということもあり、1,600人ほどの観客が入っていました。

10時開門に合わせて球場に到着し中に入ったんですが、自由席ということもあり、多くのお客さんがすでに球場入りしてバックネット裏を陣取っています。

お子さん連れは、FA席の最前列を陣取る人が多かったですね。試合をゆっくり観るならなかなか座れないバックネット裏ですが、選手にサインをもらったり、ボールを貰ったりできるのはネットのないFA席側ですからね。

試合前には、荒波選手が、多くのファンにサインをしてあげていました。


二軍戦とはいえ豪華ラインアップ

f:id:koya_taka:20150807181108j:image
二軍で好調な若手は、ガンガン上にあげるチーム方針なので、二軍といえどもメンバーはお馴染みのメンバーが顔を並べます。

この日の先発メンバーは…

1.(8)関根
2.(7)渡辺雄
3.(9)荒波
4.(DH)多村
5.(3)赤堀
6.(5)稲田
7.(6)飛雄馬
8.(2)西森
9.(4)山崎

どの選手もついこの前まで一軍で出場していた選手ばかり。逆に言えば、結果を出せずに二軍にいるわけですから、打線の調子はイマイチなんですよね。

注目の関根、荒波あたりは、まだまだ全然バットが振れていませんでした。一軍に戻ってくるのは、まだ先になりそうです。

そんな中、一際存在感を示していたのが四番の多村選手。まず、打席に立っているオーラが全然違います。

二軍でしっかりと三割を打っているくらい成績を残しているのに、未だに一軍に呼ばれない意味がわかりません。この日もきっちり左中間に二塁打を打つなど結果を出していました。

一軍の右の代打は、後藤くらいしかいないのですから、上げてもいいと思うんですけどね。

外野の枠の問題もあるのかもしれませんが、左打者ばかりのベイスターズには必要な戦力だと思います。そういった意味では、もしかしたら本当に中畑監督に嫌われてしまったのかもしれません。


投手陣も豪華リレー

f:id:koya_taka:20150807180554j:image
打線と同じく、投手陣も豪華リレーでした。

まず、先発が先月加入した新外国人のビロウ。この発表には、スタジアムに訪れたベイスターズファンは大喜び。なかなか一軍登録されない新戦力を観れるということで、大きな拍手があがっていました。

ただ、このビロウ。観客を沸かせたのは先発発表の時だけ。実際のピッチングを観ると、場内の様々な場所からため息が聞こえてきました。

まず、ストレートは130キロそこそこ。要所で140キロを超える球もありましたが、全然球が走っていません。では、打たせてとるタイプかと思えば、球は高めに浮き、コントロールが悪く、ボール先行のピッチングです。

特徴といえば、長身の左腕というだけ。右打者に対するインコースへのスライダーは、いい球が何球かありましたが、悪く言えばただそれだけ。ライオンズ打線に助けられ、結果は三回1失点でしたが、到底一軍で通用するとは思えませんでした。

そして、二番手で登板したのは三嶋でした。三嶋は二回を投げて無失点。ただ、相変わらずボール先行のピッチングで、二軍相手では格の違いを見せていましたが、一軍ではどうかな?という印象でした。

良かったのは、三番手に登板した三上です。二軍でなかなか結果がでず、打ち込まれることが多かったようですが、このところ数試合の結果を見ると、しっかり抑えていました。そしてこの日のピッチングも昨年の活躍を思い出させるような素晴らしいピッチング。

きっちり三人で抑えて、ファンに元気な姿を見せてくれました。三上がマウンドを降りる時には、スタンドから大きな拍手が沸き起こり、ファンの誰もが八回を締めてくれる投手を待ち望んでいることがわかりました。

その後は、国吉と柿田が登板したんですが、この二人もイマイチ。国吉は、三嶋同様格の違いを見せていましたが、ボール先行の不安なピッチングでしたし、柿田はストレートもキレがなく2イニングをなんとか抑えたという内容でした。


ベイスターズ的まとめ

というわけで、一軍の試合とは違って勝敗に一喜一憂することもなく、選手一人一人の調子を確認することができた二軍戦の観戦は楽しかったですね。

観戦していたファンも、完全にコアなベイスターズファンばかりで、選手の調子を確認するスコアラーみたいな見方をしている人が多くいました。

今月は、もう一試合、二軍戦を観戦する予定です。一軍の試合と違って、ゆったり観られる二軍戦にハマりそうです。

さて、一軍はナイターで阪神戦ですね。さすがに炎天下で体力を消耗したので家でゆっくり観戦しようと思います。

二軍戦は飛雄馬の劇的な満塁ホームランも飛び出して快勝しました。一軍の試合も期待しましょう!

【中日戦】石田が八回1失点の好投でプロ初勝利!ベイスターズ2カード連続で勝ち越し!!

やりました!石田が嬉しいプロ初勝利!!

鬼門の八回をリリーフに任せず、石田ー山崎康のドラ1、2リレーで見事中日打線を抑えました。

山崎康に回またぎをさせないのであれば、勝つにはもうこのパターンしかないかもしれませんね。


先発石田が4戦目の登板でプロ初勝利!

この日の先発はドラ2の新人石田。デビュー戦の巨人戦では不甲斐ないピッチングで信頼とチャンスを失いかけましたが、その後の登板でしっかりと好投し、徐々に評価をあげていました。

そして、この日も安定したピッチングを見せてくれました。

打たれたヒットは3本。ピンチらしいピンチといえば、失点した四回のみ。あとは三者凡退の山を築く完璧なピッチング。もしかしたら、ベイスターズ投手陣の中で、今一番安定していると言っても過言ではないかもしれません。

そして大きかったのが、冒頭でも話した八回まで投げたこと。最少得点差で八回のマウンドを託せる投手は、今のベイスターズにはいません。

おそらく、あそこでリリーフを使っていたら、あっさり先頭を四球で出して、失点していたでしょう。そう考えると、ベイスターズが勝つには、大量得点差をつけるか、先発が八回まで投げるかしかないのかもしれません。


無安打の桑原が意外と良い仕事をした

打線は、最近好調の梶谷が2安打、復調した筒香も3安打と、主力二人の活躍が目立ちました。

ただ、この試合で注目したのが、1番で先発出場した桑原。桑原は、八回のチャンスで凡退するなど無安打ながら、2四球と良い仕事をしていました。

そして六回、梶谷・筒香が作ったチャンスを同点タイムリーという結果で答えた宮崎。宮崎は、この日も2安打と、ようやく訪れたチャンスをものにすべく、好調を維持しています。

ベイスターズの脇役たちは、日替わりで新たなヒーローが出てはいるのですが、その調子が維持できないという弱点があります。 

春先に大活躍した田中、筒香・ロペスが順番に戦列から離れたときに活躍した井出。そして一時期、確変大連チャンモードに入っていた松本など。他にも、関根、飛雄馬も調子を維持することができませんでした。

そういった意味では、本当の実力がまだ足りていないのかもしれませんね。調子が良い時期が長く続くようになると、これらの選手も一軍に定着し、戦力が安定してくるんでしょうね。


ベイスターズ的まとめ

贅沢を言うと、八回と九回のチャンスで追加点を奪えなかったことがイタかった。ああいう展開の試合では、一つの四球、一つのエラーで試合の流れが相手にいってしまいます。

確実に加点できるときにしておかなければ、またミスから簡単に逆転され、勝てる試合を落としてしまうことになってしまいます。

さて、今日からは阪神との3連戦です。中日戦で3連勝できなかったことで非常に苦しい状況になってしまい、苦手阪神とか言ってる場合ではありません!

メッセンジャーだろうが、藤浪だろうが、打ち崩して勝ちを重ねていくしかありません。最低勝ち越し、できれば3連勝!期待したいですね。

本日、横浜スタジアムでは、11時から二軍の西武戦も行われます。コチラも気になるので、本日は二軍の試合を観戦してきます。夜は砂田が先発。コチラも気になりますね。状況によって夜も観戦しようかな…

どちらの試合も、ナイスゲームを期待しましょう!


【中日戦】鬼門の八回にまさかの炎上!ベイスターズ逆転負け!!

ありえない…

ありえない…

ありえない…

やっぱり鬼門の八回。

もう、今シーズンは無理なのかなぁ…


バルディリスが2安打2打点

不調だったロペスが復調し、当たりの止まっていた筒香に当たりが戻り、あとはバルディリスだけという期待の中、2安打2打点と活躍してくれました。

まずは五回、ヒットと四球で一二塁となった場面で、ベイスターズにとって天敵の吉見からレフトへ同点タイムリーを打ちます。

そして七回、連打で勝ち越し、さらに無死一三塁の場面で、代わった祖父江から今度はライトへタイムリーを放ち、貴重な追加点をあげてくれました。

梶谷、筒香、ロペスの当たりが出だすと、やはりポイントとなるのが宮崎、バルディリスの6、7番です。宮崎も頑張ってますし、バルディリスにも当たりが戻ると、新マシンガン打線と呼ばれた4月、5月の打線と同じくらい脅威になるでしょう。


やはり八回が鬼門

振り返りたくもないほど酷すぎる。ミスばかりする選手が悪い?その選手を使った監督が悪い?いる選手が限られてるんですから使うしかないですし、選手もミスはしてしまいます。

ただ、余りにも無策すぎる采配が悪いと思っています。

投手起用の決定権が中畑監督なのか川村コーチなのかわかりませんが、またも山崎康を使わずに負けてしまっています。

もういい加減、回跨ぎをさせてもいいと思いませんか?他の投手では回を跨がせてるわけですよ。大事に使いたいのはわかりますが、戦力を温存して勝てるチームだとは思えません。

2点差になり、なおも一死満塁の場面なら、大原よりも山崎康で三振を取りに行くのがベストな選択だったと思います。

今後、このまま何もしないのであれば、ベイスターズの今シーズンは終わったということでしょうね。


ベイスターズ的まとめ

3連勝が必須条件でしたが、敗れてしまったため、また一から出直しです。勝てた試合を落としてしまったダメージと、大型連勝のチャンスを逃してしまったダメージは、はるかに大きい…。

気を取り直して、カード勝ち越しのかかる3戦目。先発は石田です。

ここのところ良いピッチングが続いていますので、なんとかプロ初勝利をつけてあげたいですね。

期待しましょう!



【中日戦】久保粘投でチームトップの8勝目!ベイスターズ勢いに乗れるか!?

苦手ナゴヤドームでも、今の中日のチーム状況なら3連勝もイケる!と信じてましたが、勝ったもののなかなか快勝とはいきませんでした。

 
まあ、この時期は結果が大事!中身は後から付いてくる!
 
そう信じたい一戦でした…